当サイトは一部に広告が含まれています 旅のあれこれ

【ひとり旅】オトナ女子にちょうどいい温泉宿7選!自然多め♪

2023-07-26

コロナ禍以降、一人旅がすっかりメジャーになった感がありますが、それでも宿探しにはけっこう苦労します。一人だと宿泊料金は割高だし、週末は一人宿泊不可だったり。

高級なお宿はべらぼうに高いし、温泉つきビジホでは味気ない…
そんな温泉宿難民のあなた!オトナ女子に「ちょうどいい温泉宿」をご紹介します。

私がいつか行きたいと目をつけているお宿の中から、宿泊料金が1万円台~2万円台の温泉宿をピックアップしてみました。

選考基準

  • 一人宿泊プランの設定がある
  • 寝る時は布団ではなくベッド
  • 宿に居ながらにして自然が感じられる

それでは、南から北上していきます。まずは九州!

筆者:碓井
筆者:碓井

※宿泊料金は時期によって変動しますので、ご参考程度に

楓の小舎(湯布院)

情報提供:ヤフートラベル

おすすめポイント

  • 部屋に岩盤浴露天風呂がついている
  • 一人宿泊専用の部屋が1室ある
  • 全室離れ

全室離れで一人宿泊(2食つき)26730~ この条件ではかなりお値打ち!

筆者:碓井
筆者:碓井

国内の一人旅って、人目が気になりますよね。でも離れだから誰にも見られない!


一人露天風呂に

情報提供:ヤフートラベル


一人岩盤浴♪

情報提供:ヤフートラベル

一人用のお部屋だけなぜか洋風

情報提供:ヤフートラベル

私はコテコテの和室に一人で泊まるのはなんだか怖いので、洋風でホッとします。

これだけの条件で一人専用の部屋があるのは珍しいですね。平日でも休前日でも一人宿泊の枠が必ずあるということですからね。

小都里(兵庫・有馬温泉)

情報提供:ヤフートラベル

おすすめポイント

  • 有馬温泉駅・バス停まで送迎あり
  • 姉妹館「御幸荘 花結び」で夕食を頂く
  • 姉妹館「御幸荘 花結び」の大浴場を無料で利用できる(金泉、銀泉)

一人宿泊(2食つき)¥19360~(2023年7月時点)

あっさり系(?)の泉質が多い関西地方に於いて、有馬温泉の泉質は群を抜いていると思います。しかしお値段もなかなか!
有馬温泉は全体的に宿泊料金は高めなんです~。

そんな中、こちらのお宿は全8室とこじんまりとしていて女子一人でも気負わずに宿泊できる雰囲気。大型の温泉ホテルのデデーンとした雰囲気が苦手な人におすすめ♪

情報提供:ヤフートラベル



そして有馬温泉の特徴として、金泉(レンガ色のお湯)と銀泉(透明)の2種類が湧いています。この両方のお湯に入れる宿というのはポイントが高い!(※姉妹館である「御幸荘花結び」の金泉に入れます)

情報提供:ヤフートラベル
姪:メイカ
姪:メイカ

有馬温泉いうたら金泉やけど、銀泉も入り比べたいよな~

小都里でリーズナブルに宿泊しつつ、姉妹館の施設を使えるおいしいプランね

筆者:碓井
筆者:碓井

ホテル穂高(岐阜県/奥飛騨・新穂高温泉)

おすすめポイント

  • 新穂高ロープウェイの目の前
  • 露天風呂が広くて充実している
  • 重厚感のある洋館

一人宿泊(2食つき)¥15675~(2023年7月時点)

アクセスは高山駅前からバスが出ていて、ホテルの真ん前で降ります。そしてホテルの真ん前に新穂高ロープウェイ。

迫り来る山々を眺めながらの露天風呂は格別!

情報提供:一休com

こちらの大浴場は日帰りで訪れたことがあるのですが、露天風呂にお湯が10cmぐらいしか入っていなくてビックリ!前日が休館日だったので、お湯の入れ替え作業が追いついてなかったようでした(料金は返金してくれました)

でも、きちんとお湯の入れ替え作業をしているという証なので、衛生面は信用できますね。

内風呂は入浴できたのよ。かなりいいお湯だった~♪

筆者:碓井
筆者:碓井

一人宿泊で最もリーズナブルなダブルルーム

情報提供:一休com

食事しながら大自然を愛でる贅沢♪

情報提供:一休com

飛騨地方名物の「朴葉焼き」は日本酒が進む!

情報提供:一休com

はとのす荘(奥多摩・鳩ノ巣温泉/鶴の湯温泉)

情報提供:ヤフートラベル

東京・奥多摩の鳩ノ巣渓谷沿いに建っています。

おすすめポイント

  • 全室、渓流沿いの景観
  • アクセスは東京都心から電車で2時間ほど
  • 夕食はイタリアン(食事の量が少ないライトプランもあり)
  • とにかく口コミで高評価

1人宿泊(2食つき)¥12800~(2023年7月時点)と、お財布にやさしい!

情報提供:ヤフートラベル

全室南向きで渓谷ビュー!テラス付きなので渓谷を眺めながらゆったりとお茶を飲んだり、部屋にいながら森林浴ができます♪

筆者:碓井
筆者:碓井

どの部屋に泊っても渓谷ビュー確約よ!

情報提供:ヤフートラベル

シングルルームはなく、ツイン以上のお部屋のみなので一人宿泊でもゆったりとした広さです。


夕食はお箸で頂くイタリアンのフルコース

情報提供:ヤフートラベル

東京駅から電車のみで行ける、ふらっと女子旅にはピッタリの立地。

自然豊かな場所って、アクセスが悪いところが多いのですが、東京駅から電車で2時間弱+最寄り駅から徒歩5分という手軽さ!

鳩ノ巣渓谷のハイキングを組み合わせるのもオススメ。

柏屋旅館(群馬・四万温泉)

情報提供:一休.com

おすすめポイント

  • 女子一人旅にぴったりのこじんまりとしたサイズ感の旅館
  • 館内がほどよく和モダン・レトロ調で趣がある
  • 一人宿泊専用の部屋がある

一人宿泊(2食つき)¥19800~(2023年7月時点)

東京駅から四万温泉行きの直行バス「四万温泉号」が出ているので、これに乗れば1泊旅行にちょうどいいスケジュールになります。

プランニングのしやすさもふらっと一人旅には重要なポイント!

情報提供:一休.com

かなり人気で、週末は予約が取りづらいです。

情報提供:ヤフートラベル

近くには四万ブルーといわれる青い湖があって、カヌーなどもできます

  
  

空の庭リゾート(福島県・岳温泉)

情報提供:ヤフートラベル

一人宿泊(2食つき)¥10200~(2023年7月時点)

おすすめポイント

  • 館内に陶板浴がある
  • 一人専用の部屋が3室ある
  • シングルルームでも景観がいい


ちょっとアクセスがお手軽ではないのですが、シングルルームがあってしかもこの景観!

情報提供:ヤフートラベル

一人旅を歓迎してくれている感が強くて惹かれます♥


このお宿の温泉は、天候によって白濁するという珍しい温泉。高原の自然の中で、乳白色のお湯に浸かってとろけたい~♪

情報提供:ヤフートラベル

館内には陶板浴

情報提供:ヤフートラベル

  

あかん湖 鶴雅ウィングス(北海道・阿寒湖)

情報提供:ヤフートラベル

おすすめポイント

  • 温泉施設が充実(岩盤浴もあり)
  • 隣接するあかん悠久の里鶴雅とつながっているので大浴場などの施設が利用できる
  • 観光バスのルート上にあり、北海道でありながら車なしでもアクセスがよい

一人宿泊(2食つき)¥19800~(2023年7月時点)

北海道、特に道東となるとアクセスが心配ですよね。でもこちらのお宿は観光バスや空港バスで行けてしまうので車なしでも大丈夫。

特に観光バス ピリカ号(冬季はホワイトピリカ号)は、観光しながらホテルへ到着できるのでおすすめです。


屋上の展望風呂

情報提供:ヤフートラベル

阿寒湖を望むこの解放感!

夏もいいけど、冬は凍結した阿寒湖を望む露天風呂!北海道ならではですね。

情報提供:ヤフートラベル



岩盤浴も低温・高温それぞれあり。大規模なホテルなので温泉施設が充実しています。

情報提供:ヤフートラベル

個人的には、雪の季節におこもりステイして全温泉施設を制覇したいな!

筆者:碓井
筆者:碓井
姪:メイカ
姪:メイカ

手の指シワシワになるで~


夕食のビュッフェはかなりの品数で、かつ、美味しいと評判です。

情報提供:ヤフートラベル
姪:メイカ
姪:メイカ

広いな~!おかず取りに行くときの移動距離エグくない?


....もはや一人旅には向いてない気もしてきましたが、おこもりステイするには館内で楽しめる大型ホテルもおすすめです!



バー、リスニングルーム、ライブラリーなどオトナ向けのスタイリッシュな設備も充実しています。

情報提供:ヤフートラベル

北海道旅行でレンタカーを利用しない場合は、周辺観光するにも移動が大変ですが、このホテルだと、阿寒湖は目の前で遊覧船のりばもすぐ。

冬に、凍った阿寒湖を見ながら岩盤浴なんて最高じゃない⁈

筆者:碓井
筆者:碓井

こじんまりとした宿がお好みの人は、姉妹館の「花ゆう香」がおすすめ。
女性向けに作られたお宿で、宿泊費もリーズナブル。
「あかん悠久の里鶴雅」「あかん湖鶴雅ウィングス」の温泉施設を全て利用することができます。
※無料送迎バスに乗って行くことになります(館内着で移動OK)

阿寒の森鶴雅リゾート花ゆう香

まとめ

以上、アラフィフ碓井が一人旅で泊まりたい宿、でした。

急に都合がついたらサッと行けるように常日頃から宿のピックアップと旅程のシュミレーションはしているのですが、なかなか都合がつかず....

実際に行ったら記事にしてUPしたいと思います。

筆者:碓井
筆者:碓井

あかん湖 鶴雅ウィングスはメンズにも向いてると思います。誰か行ってみて~♪

PVアクセスランキング にほんブログ村

-旅のあれこれ
-