当サイトは一部に広告が含まれています 海外フライト関連

ベトナム航空★エコノミー搭乗記〈エアバスA321,ボーイング787〉

2023年6月、ダナン旅行の際にベトナム航空に初搭乗しました。ベトナム航空はベトナムの国営航空会社です。LCCだと思っている人もいるようですが、ベトナムのフラッグキャリアです。

今回はエアバスA321(たっぷり)ボーイング787(ちょっぴり)のレビューをお届けします!

乗り換えの場合はハノイかホーチミンか?

2023年6月時点で、ベトナム航空でダナンへの直行便は成田発のみ。

関西在住なので直行便は諦めて、乗り継いでダナンへ行くことにしました。

ホーチミン乗り換えとハノイ乗り換えがありますが、ハノイ経由の方がフライト時間が短いので、ハノイ乗り換えに決定。

筆者:碓井
筆者:碓井

関空→ハノイは、行きが5時間強。帰りは約4時間。
ホーチミンより30分ぐらい短いみたい。

人気の機材は?

ベトナム航空は現在4種類の機材を使用しています。ベトナム航空の機材【公式】

一番人気路線のホーチミン行きは、人気のボーイング787が多く使われています。

フライト時間は短いし、機材にこだわる必要もないかなと思ったので、都合のいいフライトで選択しました。

そうしたら全便、最も人気がないであろうエアバスA321になってしまいました。

(帰路の当日、ダナン→ハノイのみボーイング787へ機材変更となりましたが)

エアバス321(エコノミー)

関空からはボーディングブリッジ(飛行機にくっつけられている蛇腹状の通路)を通って搭乗。

個人的に機体のカラーがすっごく好み♥

筆者:碓井
筆者:碓井

今回はマイルで航空券を取ったので、片道だけでもビジネスにしちゃおうかな♪などと一瞬考えたのですが、ベトナム航空のH.P.を見て驚愕しました。詳しくはこちら→ベトナム航空の機材【公式】

ボーイング787はどんどん埋まっていくのに、エアバスA321のビジネスはいつまでも空いている理由が判明。このシートにビジネス料金を払って搭乗する人は、かなりの強者ですよ…

実際にビジネスシートの横を通って搭乗したとき、エコノミーよりちょっと大きめのシートという程度で、「これでビジネス?」と、通り過ぎる乗客の全員が思っているかのような空気が漂っていました。

シート(座席18A)

落ち着いたカラーのシート。サイズは普通。ブランケットと腰当てクッションがセッティングされています。

ベトナム航空のカラーのグリーンがかわいい。

私の身長(157cm)で膝とシートの隙間はこれぐらい。5時間ぐらいのフライトなので十分です。

膝にブランケットをかけている状態

機内持ち込みのカバンは(身の回りの小物やパソコンが入ってる)、いつも前の席の下に置きます。

筆者:碓井
筆者:碓井

上の棚に入れると、下ろす時が大変なのよ。(身長的に)

窓からの景色はこんな感じ

アメニティ

  • 前述のブランケット
  • 前述の腰当てクッション(枕かな?)
  • お手拭きシート
  • アイピロー
お手拭きシートとアイピロー

アイピローがあったのは意外でした。ゴムの部分がゆるくて顔に跡が残らない、中高年に優しいアイピローです!

筆者:碓井
筆者:碓井

冷房対策に長袖のパーカーを持ち込んでいたんだけど、ベトナムに近づくにつれ暑くなって…着てられなかったわ!

ベトナム国内は冷房の温度はかなり高めなので、機内も国内仕様なのでしょうか。

冷え性の私には嬉しい限りですが。

シートまわりの設備

各座席にモニターはなく、通路のところどころにモニターがぶら下がっています。

昼間のフライトでしたが、私は乗り物に乗ったらすぐ寝てしまうので、5時間ぐらいならモニターなくても問題なし。

ただ、このシートには充電設備もありません

スマホでダウンロードした映画など見る予定の方は、モバイルバッテリーを持参した方がいいかも。

私はワイヤレスイヤホン持参。音楽を聴く作戦です。

でも旅行直前に購入したので、使い方がイマイチわからず、やはり深い眠りにつくことに…

筆者:碓井
筆者:碓井

私はダイソーの1000円ぐらいのを購入しました。ノイズキャンセリング機能とかは皆無で、音楽を聴きながら周りの音もガンガン聞こえます。街の中では危なくない仕様ですが、飛行機の機内ではどうかな…

Amazonでワイヤレスイヤホンを見る 楽天市場でワイヤレスイヤホンを見る

機内食(昼食)

搭乗してはじめにスナックとドリンクが配られます

機内食(昼食)

チキンでした。普通に食べれる味。特にベトナム風の味付けということもなかったです。

関空9:50発なので、お昼どきに昼食が出てくる、生活リズムに無理のないフライトです。

帰路(ハノイ→関空)

帰路も同じエアバスA321だったのですが、機体は沖止め。ものすごく遅延していて、ゲートが変更になったりしていたので仕方ないのかな。

機内食(朝食)

帰路は深夜便なので朝食のみですが、やはり搭乗後すぐにスナックとドリンクは配られました。

アメニティ類は行きと同じです。

朝食。爆睡していて起こされて配られてムシャムシャ食べたので、あんまり記憶にありませんが、味は普通。

私は通路側の席で爆睡していたので、奥の人はトイレに行きたくても行けなかったかも。ごめんね。

など考えている間に関空に到着。帰りは4時間半の予定だったのですが、4時間5分で着いてしまった。

後にハノイ便に乗った人もそれぐらいの時間で帰ってきたと言っていたので、ハノイ→日本のフライトはかなり短いですね!(西に位置する空港ほど短い)

国内移動 ハノイ→ダナン

ハノイからダナンまでは1時間20分ほど。関空→ハノイ間と同じエアバスA321ですが、短時間なのでアメニティ類・機内食はありません。

ボーイング787(エコノミー)

帰路のダナン→ハノイ(国内線)。

当初、搭乗予定の機材は全てエアバスA321だったのですが、機材が変更になったようでボーイング787でした。

機材が変更になったと知らずに機内に乗り込んだのでびっくりしました。

むむっ⁈機内が新しい!各座席にモニターがついてる!

いや、別に普通なんですが、エアバスA321というちょっと旧式の雰囲気の飛行機にずっと乗っていたので、なんだか急に近未来にきたような気分になりました。

やっぱり新しい機体だとテンション上がりますね!

短時間のフライトなのでアメニティ類・機内食等はなし

エコノミーでも、機材が違えばこんなにテンション変わるのかぁ。

ボーイング787から満席になっていく理由がよくわかりました。

ただ、ボーイング787に搭乗予定でエアバスA321に変更になるってこともあるわけですからね…

まとめ

初めてのベトナム航空の搭乗でしたが、何の問題もありませんでした。乗務員さんの接客態度は、日本の航空会社のような親切丁寧なものではありませんが、普通に困らない程度にケアしてくれるし、そんなに愛想はないけど不快なこともなかったです。

全てにおいて普通でした(まぁエコノミーですしね)。ビジネスやプレエコならまた感想も違うのかもしれません。

ハノイ→ダナンの機内より

ベトナムのLCCは良い噂を聞かないので(空港でのチェックインの長蛇の列、遅延頻発、直前の欠航で他の高い料金の便へ変更させる、など)、ベトナムに行く機会にはまたベトナム航空を使いたいと思います。

ただ、機材変更はけっこう頻繁にあるようだったので、機材にこだわりすぎないようにしようと思います。

筆者:碓井
筆者:碓井

初めての乗り物って、やっぱりワクワクしますね♪

こちらもどうぞ
【ハノイ】ノイバイ国際空港/ソンホン・ビジネスラウンジ

2023年6月にダナンから帰国する際、ハノイでの乗り換え時に利用しました。プライオリティパスでの利用 ...

こちらもどうぞ
プライオリティパスを楽天プレミアムカードでGETしてみた

世界中の空港ラウンジを無料で使って快適な旅をする方法をお伝えします。この記事ではプライオリティパスの ...

PVアクセスランキング にほんブログ村

-海外フライト関連
-, ,